本当は恐ろしい資本主義 株式市場編

本当は恐ろしい資本主義 株式市場編の表紙
著者
かまの
ジャンル
その他のマネー関連
ページ数
13ページ
公開日
2010-01-22
人気
13ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
『資本論』を書いた経済学者、マルクスは資本主義の矛盾や問題点に目ついても研究を進めていました。

このなかでは、資本主義時代そのものは社会の生産性が高まる必要な時期と捉えており、資本主義が成熟し、その後新しいシステムが到来するだろうと考えていたようです。

今、金融危機の震源地となったアメリカでは、すでに景気は回復し、株価も堅調、ドルも上昇気流にありその価値は安泰だといいます。

グローバル金融市場は本当に、底を打ったのでしょうか。

現在の株高水準につられ、実体経済も、金融危機前の水準に戻り、私たちは、また豊かな社会を実感できるのでしょうか。

そもそも、この金融不安は、どのような背景があって起こったことなのでしょうか。

このレポートでは、株式市場が登場した背景と、現在の株式市場に隠された、知っておかないと危険な真実について考察しようと思います。

この無料レポートを読んだ人のレビュー

  • ★★★  By eliezo / 2010-01-22
    株式市場が登場した背景と、現在の株式市場に隠された、投資をされている方なら知っておかないと危険な真実について考察されています。

矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらからお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問