"サンダー"どうすれば、文章で人を感化できるのか?


著者
ナカ
ジャンル
ブログ、ワードプレス
ページ数
31ページ
公開日
2020-04-01
人気
10ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
このレポートは"コピーライティング"についてまとめています。

コピーライティングが
何か知らない人の為にカンタンに説明すると、


・どんな文章に人は興味が湧くのか?
・どんな文章で人は納得をするのか?
・どんな文章に人は訴求性(買い手の欲求に働き掛ける)が生まれるのか?
・どんな文章で人は行動(購入)に移るのか?

こういった相手の心理や
傾向に基づき、


”コトバのちからを使って、
相手に商品を買わせるスキル”の事を言います。



巷では、
「コピーライティングだけを鍛えたのでは意味がない」


といった事も聞きますが、
個人的な見解を申し上げますと、


確かに、持っている労力全てを
コピーライティングに捧げるのは
あまり得策だとはおもいませんが、



今後、ネットビジネスで
生き残って移行と思うのであれば、


絶対に避けては通れないもので、
100パーセントの内、90パーセントは
力を注がなければならない分野
だと思っております。




いくつか理由がありますが、
一番大きな理由を上げるとすると、



「人が人にモノを売るときは、
多かれ少なかれ、必ず、”文言”の力を使うから」


です。


最近は動画や音声などの
マーケティング手法も増えてきていますが、



動画の場合、ヴィジュアルのみの
視覚情報だけだと、相手にその意図が伝わりづらく、


最終的には字幕やテロップ等を使って、
相手の心に訴求しなければなりません。



音声の場合も、書いてある文字をそのまま声として、
コトバとして読み上げているワケですので、



どっちみち、コピーライティングスキルは
問われていきます。




つまり、YouTuberであろうが、
ブログなどのネットビジネスであろうが、



実店舗を持ち、実際の商品を使って
リアルビジネスを展開しようが、


コトバによって、
相手を感化する技術は持ち合わせなければなりません。



色んなことに応用も効くので、
日常でもかなり役に立つことばかりです。


コピーライティングは、
ビジネスの場に限ったものではなく、
現実の会話にも落とし込んでいけます。



友達に頼みごとをする時。
初対面の人と話す時。
女の子を口説き落とす時。
先輩に好かれようとする時など。


コピーライティングスキル
1つあるだけで、かなり日常の場でもうまくいきます。



このスキルを勉強すれば、
良い商品を大勢の人に届けられます。


商品は別に自分のものでなくても、
代わりに売って欲しい人や企業はたくさんいます。


・保険
・化粧品
・英会話教室
・スマホ
・ダイエットジム
・プログラミング教材

文章スキルを活かせるカテゴリーは
限りなく存在します。


そんなスキルである、
「コピーライティングスキル」。

この技術について、
絶対に抑えておかなければならない事を
レポートとしてまとめました。

もし、このレポートに書かれてある事が
アナタの役に立ったのであれば、
嬉しい限りです。

矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらからお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問